ピアノを教える上で気をつけていること

こんばんは!
マリ・ピアノアトリエのマリ先生です。
今回は少し真面目にレッスンのお話しをしようと思います。

私がピアノを教える時に気をつけていること。
それは、楽譜に書いてある通りに正しく弾くことはもちろんですが、ある程度弾けるようになって仕上げの段階にきたら、本人に考えさせることです。

「この曲はどういう風に弾いたら素敵かな?」
「『朝の気分』てどういう気分かな?」
「どういう風に弾いたら『月の光』という感じが出るかな?」

という風に、速さ、強さ、音色などを自分なりに考えさせ、工夫しながら弾かせるようにしています。
(もちろん考えるのが苦手な子には「じゃ、これとこれ、どっちが素敵だった?」などと選ばせたりするところから始めたりもします。)

子どもたちの自由で柔軟な想像力を表現に繋げられるように、積極的に自分を表現する力が少しでも身につくように…と思いながらレッスンをしています。
「表現することってこんなに素敵で楽しいことなんだ!」と知り、たとえ将来音楽の道に進まなくても、臆せず自分を表現できるような素敵な人になって欲しい!というのが、私の願いであり、音楽を通じて教えたいことです。

マリ・ピアノアトリエでは、現在新規生徒さん募集中です!
体験レッスン(約30分、1,000円。「ホームページを見た」とおっしゃって下さった方は無料!)も受付中!
お気軽にご連絡下さい♪



04-7168-0656(浦島)
mari.pianoatelier@gmail.com

千葉県野田市清水公園の音楽教室 マリ・ピアノアトリエ

Atelier(アトリエ)はフランス語で「芸術家の作業場」や「工房」の意味。生徒さんと楽しく音楽を創造する場所にしたい!という思いを込めて付けた教室名です。 生徒さん1人1人に合わせた「楽しみながら上達する」レッスンを提供します! 現在、新規オープンにつき生徒さん大募集中! ※2018年~ 教室名をムシカ ドゥ ラ マリポーサより改称しました。

0コメント

  • 1000 / 1000